/環境構築

Laravelをもう一度

Laravelを近々お仕事で触りそうなので復習しようと思ったら
以前試した開発環境が起動せず、コードがそのまま動かせない

ということで、最近はどんな感じで環境構築するのか調べたら
Laravelの開発環境をDockerを使って構築する - Qiita
こちらの記事が大変参考になったので、もう一度環境構築からやり直す。

開発環境比較

前回今回
Laravelのバージョン5.55.8
開発環境Virtualbox(Homestead)を利用Dockerを利用
教材絶対に挫折させないアプリ開発 はじめてのLarval

準備

コンテナの準備

上記参照記事のハンズオンにだいたい書いてある通り
環境構築の準備で使ったコマンドは

$ git clone https://github.com/ucan-lab/docker-laravel.git
$ cd docker-laravel
$ docker-compose up -d --build

これで一通り必要なものが揃うので、あとはLaravelの準備

appコンテナへの接続

以下の2つ方法を利用してみた
どちらにせよ、コンテナ内からartisanコマンドを叩いてます

Kitematicを利用して接続

execボタンを利用 [f:id:madades_k:20190923211750p:plain]

VSCode からの接続

(要:VSCodeのDocker拡張 ) 状態:runningのコンテナに Attach [f:id:madades_k:20190923211811p:plain]

感想

Homesteadはhostsの設定とかSSLで色々大変だった覚えがあるので、今回すんなり環境が準備できてよかった。
前回の記事でのGrowiの構築時も実感したが、環境設定済docker-compose ファイルさえあれば手軽に試せるのでありがたい。
ただ、仕組みを深く理解せずに使っちゃってるので(今は特に永続化周りが心配)その辺は必要に迫られた時に改めてキャッチアップしておきたい。

参考リンク

絶対に挫折させないアプリ開発 はじめてのLaravelの元ネタでもある Laravelのチュートリアル、「基本のタスクリスト」のLaravel6.0用の捕捉入り。
Laravelの開発環境をDockerを使って構築する - Qiitaと同じ@ucan-labさんの記事。そのうち試す。

telyama5k

telyama5k

The professional publishing platform

Read More